2019年 センター数学IA 第1問[2]

 二つの自然数 m , n に関する三つの条件 p , q , r を次のように定める。

 p : m と n はともに奇数である
 q : 3mn は奇数である
 r : m + 5n は偶数である

 また、条件 p の否定を p で表す。

(1) 次の  シ  ス  に当てはまるものを、次の〜②のうちから一つずつ選べ。ただし、同じものを繰り返し選んでもよい。

 二つの自然数 m , n が条件 p を満たすとする。このとき、 m が奇数ならば n は  シ  。また、mが偶数ならばnは  ス 

 ⓪ 偶数である
 ① 奇数である
 ② 偶数でも奇数でもよい

(2) 次の  セ  ソ  タ  に当てはまるものを、次の⓪~③ようちから一つずつ選べ。ただし、同じものを繰り返し選んでもよい。

 p は q であるための  セ 
 p は r であるための  ソ 
 p は r であるための  タ 

 ⓪ 必要十分条件である
 ① 必要条件であるが、十分条件ではない
 ② 十分条件であるが、必要条件ではない
 ③ 必要条件で十分条件でもない

解答

シス

「ともに」の否定は「いずれかは」

 条件 p の否定は
  p : m と n のいずれかは偶数である
となるので、 m が奇数なら、n は ⓪ 偶数である。また、 m が偶数なら、n は ② 偶数でも奇数でもよい

セソタ

必要・十分の問題は、 p ⇒ q 、 q ⇒ p それぞれの真偽を確認する

 詳しい解法については、次のページで勉強してください。

必要条件と十分条件|勘に頼らなくても解ける!
実はイズミも、高校で初めて「必要条件と十分条件」を習ったときにはわけが分からなくて、勘で答えを書いていたものです(大体4択ですから、25%で当たります)。しかし、コツさえつかめば誰でも習得できるものなので、しっかり勉強していきましょう。

 それぞれの条件を噛み砕いて書くと、
  p : m も n も奇数
  q : m も n も奇数 (3mnが奇数ということは、m も n も奇数でなければならない)
  r : m と n はいずれも偶数、またはいずれも奇数
  p : m と n のいずれかは偶数
ということである。

 p と q は全く同じ条件であるから、 p は q であるための⓪ 必要十分条件である

 p ⇒ r は成立するので、 p は r であるための十分条件である。
 r ⇒ p は成立しない(反例: m , n がともに偶数の場合)ので、 p は r であるための必要条件ではない。
 よって、 p は r であるための② 十分条件であるが必要条件ではない

 p ⇒ r は非成立(反例: m と n のどちらか一方が偶数の場合)
 r ⇒ p も非成立(反例: m , n のいずれも奇数の場合)
 よって、 p は r であるための③ 必要条件でも十分条件でもない

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする