2014年 センター数学IIB 講評

第1問[1] 図形と方程式:標準

 レベルは標準的ですが、途中で点と直線の距離の公式が登場しますので、覚えていなかった人にとっては厳しい。また、問題文をしっかり理解して解かなければならない部分もあり、付け焼き刃の勉強では厳しいでしょう。ただし、誘導がしっかりしているので迷うことはありません。目標8分。

第1問[2] 対数関数:標準

 こちらも普通の問題演習では扱うことが少ないのでレベルは標準です。しかし誘導がしっかりしているので迷うことはないでしょう。対数の性質をしっかり覚えて、計算に慣れておく必要があります。目標は7分。

第2問 微分と積分:

第3問 数列:

第4問 ベクトル:

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする