「 解と係数の関係 」一覧

解と係数の関係|高校数学で一番使うテクニック

解と係数の関係|高校数学で一番使うテクニック

2次方程式 ax2 + bx + c = 0 の解を α,β とすると、α+β = -b/a , αβ=c/a である。――このことは、すべての高校の教科書に書いてありますが、これだけでは使うポイントが分かりづらいです。言っていることは、「2次方程式の2つの解の“和”と“積”は、2次方程式を解かなくても、もと2次方程式を見ればすぐ分かるよ!」ということなのです。